公や算定等級などについて授業をしていました

公などについて実習しました。入力するワード列は、点数など半角のがたいで入力したり漢字・ひらがななど全角のがたいで入力する小物もあり、本番では区別して入力します。また、書き込みずみのワード列はセル中では左側づめで表示されます。再びワード列がセルの領域より長い状況、右側のセルに何も書き込みされていない場合は、セルからはみ出して表示されます。しかし、右側のセルにワードや空白などが書き込みされると、はみ出していた部分はレーベルされないので注意します。セルには計算するために、各種見積り部門を入力することができます。見積り部門は、点数や計算のための算術計算方やセル番地などを用いて書き込みする。また、セルの中で複数の算術計算方を使用する場合には、見積りのプライオリティーがあります。真新しい審査を再入力する方は、修正するセルにセルポインタを移動させ、規則正しい審査を再度入力します。操作システムを用法は、修正したいセルにセルポインタを移動させ、操作鍵を圧すかダブルクリックしてセルのお話をレーベルさせ、修正したい設置にカーソルを移動して修正します。また勉強したいなと思いました。http://www.fonfix.co/hanashita-datsumo.html

公や算定等級などについて授業をしていました

少し頑張ってスタートさせてみたテスト作り

いやいやでしたが、ひとまずやらなければいけないことでもあるので、テスト作りを開始してみました。100点満点のテストなので、 それなりに分量もありますが、今は図表とかも使いやすいのでそれに従って作っている感じです。いやいやですが、テストを作るのも4枚目なので少し慣れてきました。テストでどこを出そうかと決めていれば、授業もそんなに混乱することないんだよな?とか思っちゃってます。最初からテストを先に作ってから、次に取りかかればいいのでは?って一年も半分過ぎたところで思っていたりする次第です。
でもま、いろいろ慣れてくると出来ることも結構あるなって自信にはなりますね。早くこんなことなんでもないって思える自分になりたいです。仕事もしっかりこなしつつ、余暇も楽しめる人間になりたいです。仕事をバリバリしなくてもいい存在になりたいなぁなんてしみじみ思うばかりです。今の学校も悪いところではないので、もう少し仕事を増やしてもらえるかどうか聞いてみつつ、テストもぱぱっと作ってよさ気な条件の学校も探したいです。ひざ上脱毛

少し頑張ってスタートさせてみたテスト作り